1. ネットワーク監視やコンフィグ管理ならロジックベイン
  2. 製品情報
  3. Scrutinizer
  4. 概要

ネットワークの『見える化』 Scrutinizer フロー監視ツール

フロー監視でネットワーク管理者の悩みを解決

企業を円滑に運営していくうえで必要不可欠なものとなったネットワーク通信は、安全なネットワーク環境を確立することが最も重要です。社内のネットワークが不調だという場合に、最適なフロー監視に利用できる収集ツールが、株式会社ロジックベインの製品・Scrutinizerになります。 当社はネットワーク障害監視を行うツールの開発・販売を行っており、コンフィグ自動化ツール・ネットワーク監視ツール・フロー監視ツールなどを販売中です。

会社の設立は1992年で本社を神奈川県川崎市に構えております。主要取引先は大手通信会社を筆頭に1,500余りのお客様で、安心と信頼の証であるISO9001:2015認証やプライバシーマーク付与認定を受けているのが特徴です。 当社では、お客様に感動して頂ける製品とサービス提供を通じ、会社の発展と豊かな未来創造に努めることを理念としている為、ネットワーク管理でトラブルを抱えるお客様に最適な製品作りを心がけています。

現在、展開中の製品は、国内で唯一自社開発のコンフィグ管理ツールのNetLineDancer、ネットワーク監視ツールのThirdEye、サーバー監視ソリューションのAgent-Dなどです。さらにネットワークパフォーマンス管理フローをリアルタイムで可視化したツールのLiveNX、フロー監視ツールのScrutinizerなどがあります。 有償版と無償版があるので、お客様に合わせた製品を選ぶことが可能です。特にネットワーク管理者の方には、悩みやトラブルを解消できるフロー監視ツールのScrutinizerがお勧めの製品となっております。

概要

当社のScrutinizerは、Cisco NetFlowやsFlowを用いた、トラフィックやプロトコル使用量閲覧による問題解析を簡単にする、低価格のフロー収集ツールです。 目には見えないネットワークを可視化する為には、NetFlowを使用したトラフィック管理が最適な方法になります。 製品の最大の特徴は、ソフトウェア・マニュアル・サポートが安心できる日本語対応で、非常に低価格でご提供させて頂いている点です。

また、NetFlow以外の様々なフロー監視をサポートし、マルチテナンシー版ではルータ・スイッチ・インターフェース・ログインアカウントごとに設定ができます。 個別に設定ができることで、使用量による請求書を発行することが可能です。 システム要件においての管理対象は、1台のルータにおける最大フロー取得で、インターフェース数は無制限になり、コストパフォーマンスに優れています。

代表的な機能は、NetFlowを一覧表示し簡単にフローを受信可能、多彩なテンプレートで監視や検知が可能、各社のフロー情報を同じ画面に表示するマルチベンダーフロー対応などです。 だれがどのサイトにアクセスしたか、だれと何が帯域を消費しているかなど、詳しいフロー情報は監視・検知できるテンプレートの機能が適しています。 不安や疑問点があるお客様でも丁寧に対応させて頂きますので安心して導入できます。

Scrutinizerによるネットワーク(NW)フロー(Flow)監視構成イメージ図

Scrutinizerの特徴

低価格フロー監視ツール Scrutinizer NetFlowの一覧表示イメージ


※1:NBAR (Network Based Application Recognition) はアプリケーションプロトコルを識別するための技術です。従来はTCPポート:80といったポート単位までの解析しかできませんでしたが、NBARはtelnet接続、h423(テレビ会議)、Skypeなどのアプリケーション単位までのトラフィックの識別が可能となります。
※2:Cisco ASAデバイスのNetFlow Syslog (NSEL)をサポートしています。
※3:サービスプロバイダモジュール(SPM)はマルチテナンシーモジュール(MTM)に名称変更いたしました。



製品情報は以下のPDFでも
ご覧いただけます。