【84】 SNMPcの古いバージョンから新しいバージョンにアップデートした時に「このコンソールは接続しているサーバからのdownrevバージョンです。このコンソールソフトウエアをアップデートして下さい。」というメッセージが出て、接続できません。

上記エラーが発生する事象について以下の原因が考えられます。

  • リモートコンソールからバックアップを復元した場合
  • 復元後のMIB再コンパイルが正常に完了していない状態で接続を行った場合

【回避方法】MIB再コンパイル

  1. 旧バージョンのSNMPcで[ファイル]->[バックアップ]よりバックアップを実行します。
  2. 新バージョンのSNMPcをインストールし、1.で取得したバックアップデータを復元します。
  3. [設定]->[MIBデータベース」より、MIBの再コンパイルを実行します。

上記手順を実施してもコンソール接続する際にエラーが発生する場合は、下記手順にて接続異常からの回復を試みます。

  1. SNMPcを終了します。
    1. SNMPc Management Consoleウィンドウを[ファイル]-> [終了]で閉じます。
    2. 右下タスクトレイに格納されているSNMPcタスクアイコン
      ダブルクリック->[全て停止]->[OK]
  2. 右下タスクトレイに格納されているSNMPc タスクアイコンをダブルクリック->[全て起動]-> ステータスが全て「稼働中」に変わったことを確認します。
  3. コンソール接続すると、エラーが発生します。
  4. 上記1.2.の手順でSNMPcを再起動し、再度コンソール接続します。
  5. 「MIBコンパイルがビジー状態」である内容のメッセージが表示されますので、しばらく待機した後、再度コンソール接続し、正常に接続できることを確認します。

コンソール接続する際の文字化けを解消する方法は以下の通りです。

“snmpc.ini”ファイルを開き、下記内容が記述されていることを確認し、記述されていない場合は追記し、SNMPcを再起動します。

[SNMPcFonts]
MapFont=System
MapFontSize=12
LogFont=System
LogFontSize=12

カテゴリー SNMPc, インストール, ネットワーク管理ツール

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*