【73】SNMPcのうるう年の対応状況について

SNMPcはうるう年による影響や、監視を実施する上での設定の見直し等を考慮する必要がありません。
ただし、フィルターモジュール(非監視モジュール)のスケジューリング機能で日単位指定を使用している場合においては以下の影響があります。
うるう年の2月末日として29日を指定した際に、うるう年でない年においては3月1日と解釈され、スケジュールが正常に動作しない場合があります。
対応として、ジョブを作成する際に上記に留意した設定を行う必要があります。

カテゴリー SNMPc, ネットワーク管理ツール, 仕様

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*