【675】Smart Bridge接続設定の修正方法

SmartBridge接続情報はインストール後も以下のコマンドを使用して修正できます。
接続開始の方向を変更する場合には、設定ダイアログにてコアサーバにおいても同様の変更を行う必要があります。
WindowsはAdministrator権限、Linuxはroot権限でSmartBridgeインストールディレクトリ(/usr/share/netld on Linux)にて以下のコマンドを実行してください。

Bridge -> Serverモードの変更:

Linux:
./dbutil prefset “netld.bridge:server.host”
./dbutil prefset “netld.bridge:token”
./dbutil prefreset “org.ziptie.zap.web:web.start”
netLDを再起動してください。

Windows:
perl dbutil prefset “netld.bridge:server.host”
perl dbutil prefset “netld.bridge:token”
perl dbutil prefreset “org.ziptie.zap.web:web.start”
 netLDを再起動してください。

オプション (デフォルトポートをHTTPS(443)から別のポートに変更):
./dbutil prefset “netld.bridge:server.port”

Server -> Bridgeモードの変更:

Linux:
./dbutil prefreset “netld.bridge:server.host”
./dbutil prefset “org.ziptie.zap.web:web.start” “true”
./dbutil prefset “netld.bridge:token”
 netLDを再起動してください。

Windows:
perl dbutil prefreset “netld.bridge:server.host”
perl dbutil prefset “netld.bridge:token”
perl dbutil prefset “org.ziptie.zap.web:web.start” “true”
 netLDを再起動してください。

オプション (デフォルトポートをHTTPS(443)から別のポートに変更):
./dbutil prefset “netld.bridge:server.port”

カテゴリー Net LineDancer

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*