【670】LiveNX(旧:LiveAction)は、どのようにルーティングループやアシンメトリックルートを視覚化するのでしょうか?この機能で使われるプロトコルや技術はどのようなものでしょうか?

基本的には”show ip route”というルーティングテーブルを使って、テーブルをパースしてからトポロジ上に表示します。
ユーザが発信元/送信先アドレスを入力すると、ルートテーブルエントリーに合致する各ルータ/ホップを表示します。それを使うことで、ルーティングループと非対称ルートをありのままに表示しています。
※LiveActionはLiveNXに名称が変わりました。

カテゴリー LiveNX(旧:LiveAction), NWパフォーマンス管理ツール Tagged , ,

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*