【664】なぜ顧客はトラフィックをマップ上で確認することに一層興味を持つようになったのでしょうか?

多くの顧客が大規模にWANを展開しており、トラフィック経路を可視化することでトラブルシューティングの高速化と修正方法の決定に大いに役立ちます。
また、現在のQoSの範囲を示したり、適用可能な範囲を示すのにも有効です。
もし顧客が1台のエッジルータしか所有していない場合はあまり効果的ではないですが、それでもデバイスビューを使用すれば、過去に知り得なかった問題を見つける事が可能です。

カテゴリー LiveNX(旧:LiveAction), NWパフォーマンス管理ツール

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*