【41】 リモートコンソールはTCPポートの何番を使っていますか?

リモートコンソールがSNMPcへのアクセス時に使用するTCPポートの番号は「165」番です。

ただし、上記設定はsnmpc.iniファイルの記述を変更することで修正可能です。
「SNMPc Network Manager」フォルダ直下の「snmpc.ini」ファイルにある、[SNMPcConfig]セクション内の「PORT_DBSERV=」の後に続く値を任意のものに変更して頂くことで、リモートコンソールログイン時に使用するポート番号を修正可能です。
尚、snmpc.iniの機能詳細につきましては、同FAQサイト「設定」カテゴリ内の、こちらのQをご確認下さい。

カテゴリー SNMPc, ネットワーク管理ツール, 仕様

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*