【368】インタフェースの総合的な利用が実態より低いように見えます。なぜですか?

以下についてご確認下さい。

  1. デバイス全ての物理的インタフェースでNetFlowが有効になっているか確認します。仮想インタフェースは、物理的インタフェースでNetFlowが有効になっていれば自動的に表示されます。
  1. ハードウエアがNetFlowパケット送信処理に追いつけない場合、デバイスはNetFlowを破棄します。
    このことが原因かを調べる為には、Ciscoのデバイスにログインし、下記コマンドを実行します。
    コマンド:Router_name>sh ip flow export
    出力したエクスポートファイルの下部に「294503エクスポートパケットはIPC率制限のためドロップされました」の様なメッセージがあるか検索します。
    上記の様なカウンターが増加している内容のメッセージが表示されている場合ハードウエアはエクスポート処理に追いついていません。

  1. 下記コマンドは長期のフローを1分間のセグメントに分割します。
    分数は1~60の間から選択可能です。デフォルトの30分のままにする場合、利用率レポート内で急上昇する可能性があります。
    コマンド:ip flow-cache timeout active 1

  1. 下記コマンドは終了したフローがタイムリーにエクスポートされたかを確認します。デフォルトは15秒ですが、10~600の間から任意の値を選択することができます。250秒より長い値を選択する場合、実際よりも低いトラフィック量が出力される可能性があります。
    コマンド:ip flow-cache timeout inactive 15

  1. NetFlowのv.5はIPトラフィック(i.e. no IPX等)のみをエクスポートし、”layer 2 broadcasts”はNetFlowのこのバージョンではエクスポートされません。

 

トラフィック管理のScrutinizerの製品情報はこちら

カテゴリー Scrutinizer, トラブル, ネットワーク管理ツール Tagged ,

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*