【341】 Scrutinizerが処理できる秒間最大NetFlow量は?

現在のところ、ScrutinizerではSSRV版にて10,000flows/秒、バーチャルアプライアンス版にて40,000flows/秒の処理実績を持っています。
なお、ロードマップ上では、60,000flows/秒の処理が行えるように機能強化される予定となっております。(オプション)

 

トラフィック管理のScrutinizerの製品情報はこちら

カテゴリー Scrutinizer, ネットワーク管理ツール, 仕様 Tagged ,

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*