【334】 SNMPcとの連動は可能ですか?

はい、可能です。
SNMPcのマップ上のデバイスを右クリックし、Net StreetDancerのコンフィギュレーション比較機能と連動させることができます。(サポートバージョン:Net StreetDancer10.10)

設定手順:

1. 以下の内容のバッチファイルを作成します。

「set NETSD_SERVER=」には、netSDのIPアドレスまたはホスト名
「username=」にはnetSDのログインユーザ名
「password=」にはnetSDのログインパスワードを入力してください。

—————
@echo off
@setlocal
set NETSD_SERVER=netSDのIPアドレスまたはホスト名
set NETWORK=Default
for /f “tokens=1,2 delims=+ ” %%a in (“%1”) do set DEVICE1=%%a&set DEVICE2=%%b
@set DEVICE1=%DEVICE1%@%NETWORK%
@set DEVICE2=%DEVICE2%@%NETWORK%
@explorer.exe “https://%NETSD_SERVER%/#username=admin&password=password&
random=%RANDOM%&action=diff&device=%DEVICE1%+%DEVICE2%”
exit
—————

2. 任意のファイル名で、SNMPc Network Managerフォルダに保存します。

例:nesddiff.bat など

3. SNMPcメニュータブの「Tool」を右クリックして以下のカスタムメニューを追加します。
ここでは、バッチファイル名を「nesddiff.bat」としてご説明します。

メニュー名: 任意
タイプ: 実行
引数: cmd.exe /c netsddiff.bat $A
「選択したオブジェクトを使用」のみにチェック

4. SNMPcマップの任意のデバイスを右クリックし、追加したツールメニューをクリックすると
Net StreetDancerコンフィグ比較画面が起動します。デバイスを2つ選択した場合は、
2つのデバイス間のコンフィギュレーションを比較します。

カテゴリー ネットワーク管理ツール Tagged , ,

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*