【10】 Active-Active状態のリダンダントを実施したい。

両サーバのポーリング実行をイネーブルにして頂き、後はプライマリとバックアップサーバの登録をして頂ければ完了です。

尚、Active-Activeの冗長化では、両サーバ間のバックアップデータ授受による監視環境の同期はとられません。

カテゴリー SNMPc, ネットワーク管理ツール, 大規模ネットワーク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*