【680】コマンドランナーで対話式の入力を行う際の実施方法について

“%prompt=” を使うことで、機器の対話型プロンプトに対応します。

“%prompt=”で 特定の文字を指定するとその文字列を待ってから、 次のコマンドを投入するようになります。
※コマンドランナー、バルクチェンジに利用可能です。

動作イメージは以下のとおりです。

[netLD コマンドランナー]
(1) %prompt=:
(2) コマンド1
(3) コマンド2
↓↓
[実行コマンド]
—————–
コマンド1
*****: コマンド2
—————–

コマンド1のあと、”%prompt=”で指定された「:」を待ってから、コマンド2を実行するようになります。
%promptの有効範囲は直後のコマンド応答のみとなります。

カテゴリー Net LineDancer, その他, コンフィグ管理ツール

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*