Net-Flowをリアルタイムで
マップ表示できる唯一のツール
LiveNX

概要

LiveNX(旧称:LiveAction)はアプリケーションを認識するユニークなネットワークパフォーマンス管理ツールです。QoS、NetFlow、IP SLA、ACL、ルーティング、PBR、スパニングツリーなどのCiscoテクノロジーを、リアルタイムで直観的に「見える化」し、正確なポイント&クリックで設定できます。
テキスト、表、グラフだけでなく、見やすいアイコンと詳細なトポロジグラフィックの利用を通じて、LiveNXは複雑なネットワークを正確に図にすることにより、問題だけでなく、利用可能な解決策もすぐにわかります。ユーザはLiveNXのQoS機能の制御や、インテリジェントなユーザインタフェースを活用して、ネットワークやアプリケーションのパフォーマンスを最適化することができます。

状況認識とEnd-to-Endの
フローの見える化

LiveNXは、ネットワーク全体のEnd-to-Endフローをリアルタイムで可視化できる、ただ1つのツールです。フローをクリックすると、そのパス全体をホップバイホップでハイライト表示します。また、過去のビューを確認することができ、過去の任意の日時のフローを分析することができます。

フロー監視ツール_LiveNX_End-to-Endフロー

プロアクティブなアプリケーションパフォーマンスと改善

LiveNXは、QoS制御を提供します。パフォーマンスの問題を解決し、他のツールやCLIを使う必要もなくなります。LiveNXでは、ITエンジニアは即座に問題の特定、修正措置の実行、そして変更の検証までを行えます。

フロー監視ツール_LiveNX_QoS制御


製品情報は以下のPDFでも
ご覧いただけます。

最新バージョン現在出荷されている最新のLiveNXプログラムは、『v.8.3.0』です。(2020年07月時点)

動作環境

LiveNXの動作環境は以下のとおりです。

サーバ

パラメータ 要件
デバイス数 25デバイス or
25k/sec以下
25-100デバイス未満 or
50k/sec以下
100-500デバイス未満 or
100k/sec以下
500-1000デバイス未満 or
150k/sec以上
CPU 8v CPU 16v CPU 16v CPU 32v CPU
Memory 16GB 32GB 64GB 64GB
HDD 500GB以上 2TB以上 4TB以上 8TB以上
OS Hyper-V 2012以上 ESXi 5.1以上